HOME>オススメ情報>ストレスを発散し疲労を溜めないように心がける

ストレスを発散し疲労を溜めないように心がける

男の人

ストレスが溜まるとどうなる?

インターネットの普及など、労働環境や生活環境の変化に伴い、慢性的なストレスをかかえる人が増えています。ストレスは精神的なものの他、肉体的、生活環境からのものなどに分類できます。これらのストレスは身体の神経系システムや免疫システムにひずみを生じさせます。それにより、人は「だるさ」などの疲労感を感じます。疲労感は身体からの「休め」という警告です。この警告を無視して働き続けると脳血管障害や心筋梗塞などの深刻な病気を引き起こす可能性もあります。危険なのは疲れている自覚のないままに働き続けてしまうことがあるということです。たとえ自覚がなくても体の活動能力が大幅に低下してしまうと、過労死などの極端な破たんにつながりかねません。防御策としては、自分の疲れの程度に気を配ること、なるべくその日のうちに回復するように意識することが大切です。

カウンセリング

上手なストレス発散法

具体的な疲労の回復法、ストレス発散法にはどのようなものがあるでしょうか。ありがちなのは、その原因をつきとめて解決させようとすることですが、それではますますストレスを溜めてしまう結果になりかねません。そもそも「どうにもならないこと」に解答を見出だすのはとても困難ですよね。問題解決が難しいからこそ、そこに留まるのではなく、「抜け出すこと」を考えた方が得策です。少しでも自分の気持ちがリフレッシュできることをしたり、リラックスできたりする状況をつくれると良いですね。抜け出すことすら難しい場合には、友人や家族などに自分の状況を話して共感してもらうことも大切です。解決策がみつからなくても共感が得られるだけで意外にスッキリすることもあるでしょう。時には怒りや悲しみなどの感情を素直に表現することも必要なことですよ。